ご注文方法

フローリングの洋間を琉球畳を敷いたおしゃれな和空間にしたい。簡単に洋室を和室にするリフォームの方法を紹介します!

  • LINEで送る
採寸方法の図面

フローリングの部屋だけの住まいじゃ物足らない

最近のマンションは賃貸でも分譲でも和室がなく、全ての部屋がフローリングであることが多いです。   

12月にもなりますとフローリングのままでは足元が冷えますね。

またフローリングの上に寝転んだりするとカーペットを敷いていても硬くて痛いです。

そんな住まいに畳を使って簡単リフォームを紹介します。

フローリングの部屋

一般的なフローリングの部屋なら自分で採寸してみよう
 

一昔前の木造建物ですと結構な確率でゆがみがありましたが、最近の建物であれば正確な四角の部屋ですので、採寸をご自身でしていただいても誤差はほとんどでません。

洋室の畳を製作する場合、まずお部屋の寸法を測ってください。

建物は人間が作るものですので、見た目には、真っ直ぐ(!)、直角(!)に見えたとしても、微妙に曲がっていたりすることが、けっこうあります。そのため、3箇所ぐらい測っていただき、最も短い部分でご指定ください。

最も短い部分でご指定いただく理由は、お部屋のサイズより畳が大きい場合には、畳が入らないことがあるからです。

しかしその逆に、たとえ5mm小さくしたとしても、お部屋の両端に2.5mmずつ隙間が開くだけですので、それほど目立たないためです。

部屋の採寸方法

図のように3カ所程度サイズを計ってください。

(例えばAの両サイドが2,640mmで真ん中が2,638mm、Bの上と真ん中が3,640mmで下が3,637mmの場合、2,638mm×3,637mmとご指定ください。)

採寸ができたら寸法を連絡するだけ
 

ご連絡いただいたサイズから弊社にて畳のサイズを割り付けます。

今回にお客様は2640mm×2115mmで連絡をいただきました。

畳のサイズは材料や厚みにより製作できる畳の大きさが限られます。

計算して畳の大きさを決めます。

洋室のタタミ

畳の見積をメールやFAXにてお届けします

縁なし畳がどのようなサイズのものが何枚必要で金額がいくらかをご連絡いたします。

市松敷きになるように製作をして、敷き方の図面とともにお届けいたします。

見積に納得できればご注文。お支払い方法は代金引換、銀行振込(前払い)、クレジットカード、Paypalより選べます。

今回の洋間のたたみ製作事例
 

使用材料

清流(和紙表)栗色   

お部屋の広さ

2640mm×2115mm×15mm  

畳のサイズ

880mm×705mm×15mmの畳が9枚  

ご住所

神奈川県横浜市 

使用目的

フローリングにタタミを敷きつめる

費用

83981円(税、送料込み) 

清流 栗色を敷いた部屋

お客様の畳の感想
 

本日、商品が届きました。サイズもぴったりで色も良く大変満足しております。
迅速な対応をして頂き、ありがとうございました。
写真を添付しますので確認宜しくお願い致します。

洋室から和室への簡単リフォームにチャレンジしてみよう!
 

このように洋間から和室に簡単にリフォームができます。

納期は約1週間でお届けします

ご不明な点などありましたらお気軽にお問い合わせください。
   

【高品質な畳を低価格で提供できる理由】はコチラ

 
お見積りの依頼はコチラからどうぞ
お見積りフォーム

FAX見積シート
サンプルはこちらから
無料畳表サンプル

ご注文サイト

和心本舗 清流(和紙表)カラー畳サイズオーダー

  • LINEで送る

洋室のフローリングへ畳をご検討中のお客様へ


株式会社 TATAMISERで製作したお客様事例集です。



イ草の事例一覧へ


セキスイ美草の事例一覧へ


清流(和紙表)の事例一覧へ



サイズオーダーでお部屋のサイズに合わせてキッチリ製作した畳を敷いています。

カラーも豊富でお部屋に合わせて色を選ぶことができます。
是非参考になさってください。


今なら無料でカタログを請求いただけます。
畳表は、天然イ草だけでなく、カラー豊富なセキスイ美草(MIGUSA)や清流(和紙表)などもございます。

是非カタログでご覧になってください。

置き畳のカタログ請求フォームへ

無料カタログ

無料で置き畳のカタログ送ります

洋室のフローリングに置き畳を敷きたいと考えるお客様へ無料にてカタログを送らせていただきます。

置き畳には、畳表に天然イ草を使ったもの以外に樹脂や和紙を素材にしたものもあります。

また色も豊富にありますので、お部屋の雰囲気にあった色を選ぶこともできますよ。

是非参考にしてみてください。

 

カタログを請求する

コメントを残す

*